法律コラム | 弁護士の選び方 | 弁護士がおすすめする東京・千葉・埼玉・神奈川の法律事務所 - Part 5
犯人が実名報道されないのはなぜ?

犯人が実名報道されないのはなぜ?

刑事事件がマスメディアで報道される際には、犯人と疑われる人物が実名で報道される場合もあれば、実名を伏せて性別・年齢・職業のみが報道される場合があります。 GW中に岐阜県で起きたバーベキュー刺殺事件でも、犯人は実名報道され… すべて読む

容疑者・被疑者・被告の違い

容疑者・被疑者・被告の違い

テレビでは、犯罪の疑いがかけられている人に対して、重要参考人、容疑者、被告など、様々な表現を使っています。すべて同じ人物を指しているのにも関わらず、なぜ呼び方を変えているのでしょうか。 どのような基準で使い分けられている… すべて読む

死亡事故の逸失利益とは?

死亡事故の逸失利益とは?

交通事故などで被害者が死亡してしまった場合、将来において貰えるはずだった被害者の収入を損害賠償として請求することができます。これを死亡逸失利益といいます。今回は、死亡逸失利益の算定方法を紹介します。 死亡事故における逸失… すべて読む

後遺症による逸失利益とは?

後遺症による逸失利益とは?

逸失利益とは、違法行為によって受けた怪我のせいで得られなくなってしまった利益のことをいいます。失ってしまった利益を、具体的な金銭に換算して損害賠償の一項目として請求することができます。 中でも後遺症を負ってしまったことで… すべて読む

役員は休業損害をもらえない?

役員は休業損害をもらえない?

人身事故の被害者は、治療期間中の収入についても損害賠償として請求をすることができます。休業による損害賠償額は被害者の収入によって算定されるため、被害者が高収入であるほど賠償額は大きくなります。 しかし例外として、会社役員… すべて読む

自賠責基準による入通院慰謝料の算定方法

自賠責基準による入通院慰謝料の算定方法

交通事故で怪我をした場合、強制保険である自賠責保険によって最低限の補償を受けることができます。その補償内容の一つである入通院慰謝料は、怪我をしたことで受けた精神的苦痛に対する傷害慰謝料です。 怪我の苦痛を数値化することは… すべて読む

交通事故が起きたらどこまで請求できる?

交通事故が起きたらどこまで請求できる?

交通事故などの違法行為によって損害を受けた場合には、損害賠償を請求することで損害の穴埋めをすることができます。損害賠償は、実質的な損害の他にも、未来に得られるはずだった利益についても請求が可能です。また、精神的な苦痛の対… すべて読む