恵比寿東京法律事務所 弁護士 日比野 大 | 弁護士の選び方 | 弁護士がおすすめする東京・千葉・埼玉・神奈川の法律事務所
2017年2月8日
IMG_2331

メディア掲載多数

民泊に関する法務対応をどの弁護士よりも経験している日比野弁護士。今後の弁護士業界の展望と先生の目標などいくつかインタビューさせていただいた。

-先生が弁護士を志した理由は?

社会正義の実現がどうとかではなくて、結果自分のためなので、自分としてなにができるかというのを考えた時に、まず弁護士はなんでもできるので目指しました。その「なんでもできる」と思ったきっかけは、大学のときに、プロ野球選手会の代理人など特殊な案件をやっている弁護士の先生が「弁護士ってなんでもできるよ」と言っていたのが、印象に残ったからです。
また、なにかしら肩書があったほうが強いというのが日本社会の常なので、特に何かをやりたいというわけではなかったのですが、何かをやりたいと思ったときにそれがやりやすいのはどんな資格かを考えると、やはり1番上位にあたる資格がいいだろうということで、司法試験を受けました。

IMG_2363

-日比野先生の特徴って?

弁護士っぽくないところが強みかなと思いますね。逆に弁護士っぽいというのは、まじめで、固くて、融通が効かない人のイメージです(笑)。弁護士っぽくないので依頼、相談がしやすというのはあると思います。
強い分野は企業法務、スタートアップベンチャー支援や不動産関係の法務をやっています。最近は民泊関係ですとか、倉庫関係のビジネスもやっていますね。

-今後の弁護士業界の展望とその中での先生の目標を教えてください。

弁護士業界は今後おそらく合併が起きると思っています。例えば、小さい事務所は非効率なので、大きな事務所に集約されていき、かなり大規模になっていくと思います。また、そういう風にやっていく若手の先生が増えていく可能性が非常に高いので、私自身も例に漏れず事務所を大きくしていきたいと思っています。その方が早くて、効率がいいですし、お客さんの満足度も高いです。少ない人数でやるのも限界がありますので。
具体的な今後の目標としては、とりあえずあと5年で20人くらいの事務所を作りたいです。なぜかというと、20人以上の事務所は全国に100くらいしかなく、それだけでまず、人数的にはベスト100に入ってきます。また、それだけマンパワーを持っていて、仕事を持っていることの証明になるので、それができるようやっていきたいです。もちろん、人数は増えた方が楽しいですし、わちゃわちゃやりたいというのもあります(笑)。
また、それに伴って 地方にも事務所を出していきたいですね。とりあえず、今年中には法人化する予定です。
後から来てくれる弁護士が楽しく働けるような場所、希望のある事務所を作っていきたいですね。

IMG_2368

法律事務所紹介はこちら