西風総合法律事務所 代表弁護士 榎本 清 | 弁護士の選び方 | 弁護士がおすすめする東京・千葉・埼玉・神奈川の法律事務所
2017年4月20日
榎本先生1枚目

取材協力多数

西所沢の地で一般民事から刑事事件まで幅広い分野の対応にあたっている榎本弁護士に本日はインタビューさせていただいた。

-先生が弁護士を志した理由は?

私の出身大学のOBで、当時リクルート事件を担当していた公判部の副部長の方に学生時代に会いました。正義について熱く語ってくれて、その話にとても感銘を受け、当初は検察官になりたいという気持ちがありました。
ただ、正義という意味では検察官も非常に魅力的だったのですが、他にもOBの弁護士や裁判官と接していく中で、民事刑事を問わず、ある意味弱い立場にいる人を助けたり、本当に身近にいる人を助けることができるのはむしろ弁護士ではないかという意識の方が強くなりました。
結果、いろんな人を助けられる弁護士という仕事に強く魅力を感じ志すことにしました。

榎本先生2枚目

-西風総合法律事務所の特徴って?

一般の方が相談に来られた際には、大抵の分野については一通り対応ができるというのが当事務所の特徴です。
ご相談の多い分野に関しては、使用者側の労働事件、特に運輸事業関係、運送業関係に関してはかなりの件数を対応しています。
また、一般民事では、離婚や遺産相続なども多くの件数を対応していますし、国選含めて刑事事件も多くやっています。
相談に来られた方に対しては、なかなかご自身の思いを表現できない方もいらっしゃるのですが、その方が本当に望んでいる解決というのはどういうことなのかを汲み取ってあげること、依頼者の立場、気持ちにになって考えてあげることを意識しています。 ただ、完全に同化してしまうのではなく、1歩引いた目線から客観的に見て、相談者にとって1番いい解決方法を提示することを心がけています。

-今後の弁護士業界とその中での先生の展望について教えてください。

弁護士の人数が増えてきているのでどうしても競争は出てくるのかなと思います。その競争の中ですと、どうしても営利に走りやすくなってしまう弁護士も多いと思います。
ただ営利に走るということではなく、競争の激しい時だからこそ、依頼者の意向をきちんと考慮することが重要です。弁護士的には、お金になるのでなんでも受任していく方がいいのですが、状況によっては訴訟するよりも話をつけた方がいいケースなどもあると思います。その際に、依頼者の立場に立ったアドバイスをきちんとしていくことで、信頼関係を築き、顧客集めにつながっていけばいいなと考えています。

法律事務所紹介はこちら

榎本先生3枚目