淵上・中尾田法律事務所 弁護士 中尾田 隆 | 弁護士の選び方 | 弁護士がおすすめする東京・千葉・埼玉・神奈川の法律事務所
2017年4月4日
中尾田先生1枚目

メディア掲載多数

相談者からしっかりとお話を引き出すために無料相談を行い、対話に注力している中尾田先生に本日はインタビューさせていただいた。

-先生が弁護士を志した理由は?

人と関わる仕事がしたくて、元々サービス業で焼き肉屋に勤めていたのですが狂牛病の問題があり仕事の方向性を見直しました。弁護士のハードルは高かったのですが、そのタイミングで司法制度改革があり、弁護士の道もありかなと思い目指すことにしました。

中尾田先生2枚目

-中尾田先生の特徴って?

辛い悩みや大変な思いをしてきた相談者の話をなるべく引き出せるように、法律的に意味のある情報を聞き出せるように対話に力を入れております。そのために無料で時間制限を設けず相談を受け付けております。
分野としては、民事全般で対応しております。その中でも家族関係、離婚関係や相続問題が多いですね。リーズナブルな料金で高品質なサービスを提供できるよう注力しております。

-今後の弁護士業界とその中での先生の展望について教えてください。

弁護士業界は市場にもまれて変化していくと思います。食べていけない弁護士が出てくるとそれに応じた問題も出てくるので、 業界としてクリアにしていき、社会のニーズに応えるための体制を整えていくことが重要だと思います。
私個人としては、短期的には離婚、相続でもっと相談しやすい関係性を築いていけるようにしたいです。
長期的には、企業の部署ごとに相談できる弁護士を広くやっていけたらと考えています。企業内弁護士として相談にのることで、会社の問題も表面化する前に解決できるのではと思います。社長や役員クラスですと相談される方も多いのですが、各部署の担当者がなかなか相談できていないのが現状です。司法制度改革では、インハウスロイヤーという企業内に弁護士が入ることを制度設計していましたが、徐々に広がりつつあるもなかなか進んでいません。もう少し役員クラスではない人を部署単位で対応していけるようになれば業界としても仕事が増えていくのかなと思います。

法律事務所紹介はこちら

中尾田先生メイン